今回は輸血に関する話です。

犬、猫が何かしらの病気にかかり、血が足らない、貧血の状態になることが
たまにあります。
もちろん、その場合、血が足らなくなっている理由を探すわけです。
体のどこかにがんがあり、そこから出血して、
出血が止まらない状態かもしれないですし、
食欲がなく、栄養不足で血が作れない状態かもしれないですし、
自分の免疫が、自分の血を攻撃して、赤血球が壊されているかもしれないですし…。
原因がなんであれ、輸血をしないと貧血の状況を打破できないことがたまにあります。
そんな時、血をいただける犬、猫、飼い主さんがいれば、
すごくありがたいのですが…。
以前は、血を提供してくれる犬、猫(供血犬、供血猫といいます)を探すのが大変で、
輸血したくてもできないことが、ほんとうに多々ありました。
ところが最近、飼い主さんがツイッターやフェイスブック等のSNSで
「血を提供してくれる犬を募集してます、お願いします」と記載すると
協力していただける飼い主さんが名乗り出ていただいたことが
3回ありました。
ツイッターのフォロワーだったり、飼い主さんの友人の友人だったり
いろいろな方とその方の犬にご協力いただきまいした。
改めてSNSの持つ利点、パワーを思い知らされました。
輸血のおかげで病気を乗り切った犬、
残念ながら輸血をしたにも関わらず亡くなってしまった犬、
輸血をしたおかげで手術はできて出血場所(脾臓のがん)を摘出できたが、
その後他に転移してしまったところからの出血で亡くなってしまった犬、
結果はいろいろですが、こういった犬、猫に血を提供していただいた飼い主さまと
そして、200mlほどの血をとるのに、首の血管にやや太い針を刺されて、
3〜5分ほどじっと耐えてくれたわんこにとても感謝しております。
おいしい缶詰をあげることしかできず、お許しを…。
そしてこれからも私から、あるいは飼い主さまから
「 困っているワンコ、ニャンコに血をください 」とお願いすることが
あるかもしれませんが、その際、ご協力いただけると、ほんとうに感謝です。
(2017年11月9日)

第40話 血糖値測定が激変

第39話 輸血とSNS

第38話 おもちゃが口に‥

第37話 ダイエット不要

第36話 アロペシアX

第35話 避妊手術の傷

第34話 帝王切開は大変

第33話 動画で撮影

第32話 トキソプラズマ症

第31話 おうちで皮下注射

第30話 心臓病と呼吸数

第29話 犬ときのこ

第28話 抗生剤の連続投与

第27話 猫の歯肉口内炎2

第26話 猫の歯肉口内炎

第25話 歯石除去

第24話 犬も雪道で骨折

第23話 食欲全くなし

第22話 猫のかたタマ

第21話 コレステロール

第1話〜第20話