←  首〜肩の皮膚の下に入っているマイクロチップを読み取っているところ

マイクロチップリーダーを導入しました。

最近、飼い主さまから、マイクロチップに関する問い合わせが増えてきました。
海外へ引越しするために絶対にマイクロチップを入れないといけない方や、
震災後離れ離れになった場合に困らないようにとのことでマイクロチップを入れたい方、
ペットショップで犬、猫を購入したときにすでにマイクロチップが入っているが、
登録がされてない方など、いろいろです。
そのため、マイクロチップを読み取る必要が高まったため、マイクロチップリーダーを導入しました。
マイクロチップを入れるのに当院では、再診料(648円)とマイクロチップ挿入(5400円)がかかります。
別にマイクロチップを管理している団体にマイクロチップの番号を登録するのに、1000円かかります。

カード払いが可能です。

JCB、VISA、Master、AMEX等、各社カード払いが可能です。回数は各社制限があります。
詳しくは受付にてお問い合わせください。

内視鏡を導入しました。

大学研修医の時と、その後の勤務医の時に内視鏡の技術を磨いてきたつもりでおります。
しかし、その後は内視鏡を触る機会を得られなかったのですが、
遅ればせながらやっと、内視鏡を導入することができました。
食道や胃の中の異物(釣り針、コイン、桃のたね、ビニールなど)の摘出、
胃や十二指腸の観察、生検(ごく少量の組織を内視鏡で見ながら摘出し、
専門の検査に提出し、胃がんや炎症性腸疾患などになっていないかを検査すること)、
胃瘻(いろう)の造設(胃瘻に関しては、病院での出来事 第23話をご覧ください)など、
検査、治療の幅が広がります。

動物医療の保険・アイペットも対応可能になりました。

これまで動物の医療保険はアニコムのみ対応しておりましたが、
アイペットに加入されている方も少しずつではありますが増えてきましたので
アイペットも対応するようにいたしました。
アニコムやアイペットなどの動物医療の保険に加入されている方は受付時に
保険証等提示してください。また解約された方もその旨、受付にて申し出てください。

ペットホテル(お預かり)に関してはお問い合わせください。

お預かりする条件、金額等は来院いただき、 あるいは、電話にてご確認ください。
なお、犬の場合は 『 当院で1年以内に 』 狂犬病、6種混合ワクチン、フィラリアをされている方に、
猫の場合は 『 当院で1年以内に 』 3種混合ワクチンをされている方に限らせていただいております。

価格表のファイルを待合室に置きました。

病院で直接価格を聞きづらい方も少なくないのでは と思います。
待合室のイスに価格表と、こんな時にはこれくらい必要ですといった具体例をA4のファイルに
まとめて置きました。本当はこのホームページ上で価格を公開したいのですが、法律にふれる
可能性があるようです。価格表だけを見に来ていただいてもけっこうですよ。