今回は、犬が飲みこんではダメなものを口にくわえている時の話です。

犬が小さなおもちゃを口にくわえている現場に飼い主さんが遭遇し、
飼い主さんが慌てておもちゃを取り出そうとし、
犬もおもちゃを取られてたまるか〜っと取り合いになり、
結局犬がおもちゃを飲みこんでしまうことが、けっこうあります。
今まで、私が経験してきたのは、おもちゃ以外にも、
スーパーボール、お金(10円玉、100円玉、500円玉)、軍手、
ぬいぐるみ、紅茶のティーパック、きゅうりのかけら、
トウモロコシの芯、お菓子等の包み紙、…
最近では、ネコじゃらしのおもちゃを犬がくわえて、飼い主さんにとられまいと、
20センチ以上のプラスティックの棒の部分を飲みこんでしまったということも
ありました。

犬が飼い主さんの「口から出せ!」の指示通り、出すならトラブりませんし、
犬のくわえる力がそれほど強くなく、飼い主さんが簡単に取り出せるケースは
問題ないのですが…。犬が飼い主さんの指示通りに動かなかったり、
犬のくわえる力が強い場合などは、犬の口の中のものを取り出すのは
無理なことが多いです。
そして、犬が口の中のものを飲みこんでしまい、来院され、
処置を受けることになることがけっこうあります。
ちなみに、吐かせる薬がありますので、薬で吐かせるとなると、6千円〜…、
吐かせられず、内視鏡で取り出すことになれば、5、6万〜…。
内視鏡でも取り出せず、お腹を切って取り出す場合は12万〜…。
けっこう、お金がかかります。
ネット等に、濃い塩水をのませるとか、オキシドールを飲ませるなどの記述を
見かけますが絶対にしないでください。危険で、ありえません。

犬が口に何かくわえていて、口から出させたい時は、とにかく、
口の中のものから興味をそらせるといいかと思います。
おやつをみせて、おやつをあげるフリをすると、口の中のものをだして、
おやつを食べようとすることで、うまく口から出させることができるかも
しれません。あるいは、別のおもちゃをみせるなどして、とにかく、興味を
口の中のものからそらせると、うまくいくことが多いです。

犬が飲みこんではダメなものをくわえている現場をみると、だれしもが、
ほぼパニック状態になりますが、強引に取り出そうとはせず、
口の中のものからうまく興味をそらせることを検討してみてください。
(2016年10月16日)

第40話 血糖値測定が激変

第39話 輸血とSNS

第38話 おもちゃが口に‥

第37話 ダイエット不要

第36話 アロペシアX

第35話 避妊手術の傷

第34話 帝王切開は大変

第33話 動画で撮影

第32話 トキソプラズマ症

第31話 おうちで皮下注射

第30話 心臓病と呼吸数

第29話 犬ときのこ

第28話 抗生剤の連続投与

第27話 猫の歯肉口内炎2

第26話 猫の歯肉口内炎

第25話 歯石除去

第24話 犬も雪道で骨折

第23話 食欲全くなし

第22話 猫のかたタマ

第21話 コレステロール

第1話〜第20話