現在
現在

半年前

半年前

今回はアロペシアXについてです。

アロペシアX(エックス)のことをご存じない方も多いかと思います。
アロペシアとは脱毛症のことで、そのあとのX(エックス)は原因不明という意味で
アロペシアXを直訳すると原因不明の脱毛症ということになります。
毛のはえかわりの異常と考えられています(毛周期停止)。
圧倒的にポメラニアンに多く、パピヨン、プードル、ハスキーなどにもみられます。

以前から知られていた病気ですが、なかなかいい治療方法がなく、
これまであきらめざるをえなかったことが多かったのですが、
今回、最近の獣医学雑誌、教科書等に記載のある方法にて、
毛がかなり少なかったポメさんがすごく毛がはえてフサフサになり、
毛艶(けづや)もよくなったので、写真でお見せしようと思います。

これまでこのポメさんは、〇&U 30というサプリメントや
(一応、商品名は伏せておくことにします)
〇プレットPRO、甲状腺の薬(チラーヂン)を試してきたのですが、
いずれも効果はなかったです。
今回効果のあったのは男性ホルモンに関係した薬です。

ちょっと前(あるいは現在も?)、人の中年男性の脱毛はお医者さんに相談だ! と
テレビのコマーシャル等で見かけましたが、
これは中年男性の脱毛症を男性ホルモンに関係した薬で治そうというものです。
人で効くなら犬、ポメさんにもどうかとのことで、アロペシアXにも効果があるのでは?
と試された方法だと私は勝手に考えておりますが…。

今回このポメさんには、男性ホルモンに関係する薬を1週間と
ビタミン剤を2種類を1か月間服用していただきました。
飼い主さんによると、2か月後くらいから毛がはえてきたとのことでした。

飼い主さんも喜んでおられましたが、私もかなりうれしく思い、ホームページ上で
写真を公開する許可をいただき、今回公開させていただきました。

今回はすごくうまくいきました。
ある教科書にはこの治療を試したアロペシアXの犬の半分以上に
明らかな発毛があったと記載されております。
ただ、脱毛症の原因はほかにもいろいろあります。
例えば、膿皮症、ニキビダニ、カビ、自己免疫疾患、脂腺炎、
クッシング症候群、甲状腺機能低下症、パターン脱毛症、
カラーダイリューションアロペシア…
いろいろと鑑別した上で治療することになります。
この治療方法でアロペシアXの犬の半分以上は効果があったようだと書きましたが、
半分弱は効果がなかったとも読みとれるわけで、
治療するのは難しい病気だと感じています。
ちなみに、このポメさんの薬代は約1万円でした(検査費用は除く)。
(2015年11月17日)

第40話 血糖値測定が激変

第39話 輸血とSNS

第38話 おもちゃが口に‥

第37話 ダイエット不要

第36話 アロペシアX

第35話 避妊手術の傷

第34話 帝王切開は大変

第33話 動画で撮影

第32話 トキソプラズマ症

第31話 おうちで皮下注射

第30話 心臓病と呼吸数

第29話 犬ときのこ

第28話 抗生剤の連続投与

第27話 猫の歯肉口内炎2

第26話 猫の歯肉口内炎

第25話 歯石除去

第24話 犬も雪道で骨折

第23話 食欲全くなし

第22話 猫のかたタマ

第21話 コレステロール

第1話〜第20話