きのこの話です。ここ2ヶ月くらいできのこを食べてしまい、(誤食、誤飲)当院を
受診した犬が4頭います。(去年は1匹もいなかったのですが…。)
そのうちの2頭はフレンチブル、2頭はダックスでした。

うち2匹は無症状でした。(実際に食べたかどうかも、確認できてない犬もいます。
地面にあったもの?をガジガジと食べていたが、まわりにきのこがいっぱいあったので
おそらく、きのこだろうとのことですが…。)

うち1匹は下痢、嘔吐、元気がなくなり、よだれ、両目の充血等の症状がでました。
吐かせる処置をしました。軽症ですみ、その後は特に問題ないかと思われます。

うち1匹は呼吸がすごく早くなり、白い泡のようなよだれが止まらず、歩いても
ふらふらとしました。嘔吐や緑色のウンチが出たりと大変で、
もとに戻るまでに半日以上かかりました。

犬用のサプリメントの中には、きのこ類から抽出した成分が入っているものが
けっこうたくさんあります。アガリクス、ハタケシメジ、霊芝(れいし)などなど…
がんになったときに使用したり、かゆみ、脱毛時に使用したりすることが
あります。それらは、いろいろと、犬に使用しても問題ないことを確認して
売られているものであって、そこらじゅうに生えているきのこを食べていいと
いうことではありません。

たまに、きのこを犬に与えてもいいかと、質問されることがありますが、
私には与えていいのかどうかわかりません。
ただ、飼い主さんとお話をしていると、しいたけが好きな犬とか、
舞茸、えのき、しめじが好きな犬とかいるようなので
きのこ類を食べても大丈夫な犬がいることは実感しますが、
すべての犬が大丈夫かどうか確証がないため、犬にきのこ類を与えることは
おすすめしません。

もし、万が一、散歩中にきのこを食べてしまったら、毒きのこの可能性を考えて
すぐに病院で吐かせる処置を受けられることをおすすめいたします。
(2013年11月20日)

第40話 血糖値測定が激変

第39話 輸血とSNS

第38話 おもちゃが口に‥

第37話 ダイエット不要

第36話 アロペシアX

第35話 避妊手術の傷

第34話 帝王切開は大変

第33話 動画で撮影

第32話 トキソプラズマ症

第31話 おうちで皮下注射

第30話 心臓病と呼吸数

第29話 犬ときのこ

第28話 抗生剤の連続投与

第27話 猫の歯肉口内炎2

第26話 猫の歯肉口内炎

第25話 歯石除去

第24話 犬も雪道で骨折

第23話 食欲全くなし

第22話 猫のかたタマ

第21話 コレステロール

第1話〜第20話