今回は輪ゴムです。

犬に輪ゴムを使用する飼い主さんが、ごくたまにおられます。
一時的に毛をしばったり、服をとめるのに、利用されているようです。

雨の日、カッパを着せて散歩させるのに、カッパの手、あしの一番はしっこを
輪ゴムでとめて、散歩にいき、すべての輪ゴムをとれば、いいのですが、
毛が長かったり、毛色が茶色だったりすると、
つい、輪ゴムが足に、ついたまま…

「先生、最近、この犬、びっこひくんです。」

あしをよく触ると、あきらかに、あしのある一線から下がむくんでいました。
輪ゴムがそこに食い込んでいて…、
早く処置できたので、幸い大事には至りませんでしたが、
気づくのに遅れていたらと思うと、ぞっとしました。

ご注意を。

第21話以降はこちら

第20話 海外移住

第19話 大型犬の食欲

第18話 また肛門腺の話

第17話 肛門腺の化膿

第16話 犬と猫の便秘

第1話 消毒液

第14話 窓の外

第13話 仔猫とハジラミ

第12話 猫とユリ

第15話 毛玉ケア

第11話 こげ茶色の耳垢

第9話 爪のけずれかた

第6話 自転車での散歩

第8話 雪の日の散歩

第7話 巻き爪

第10話 マダニ予防

第5話 脂肪腫?

第4話 てんかん

第3話 腎不全

第2話 輪ゴムに注意