今回もまた、肛門腺の話です。

うちの犬、ラブラドールレトリバーのデイジーの話です。
月1回、全身シャンプーをしております。
その際に肛門腺をしぼっておりましたが、
ここ半年ぐらいでしぼった肛門腺の内容物が
液状からどろーとしたものに少しずつ変化してました。
おかしいなぁ、歳のせいか?と思っていたのですが、
先月、しぼった際に内容物に血液が混じるようになりました。
ここでもまだ、ちょっとした炎症でもあるのか?ぐらいに考えておりました。
でも気になったので、今回は2週間後にもう1回しぼろうと思い、
きちんとしぼるために肛門に指を入れて、肛門腺をしぼってみると、
肛門腺の内容物は問題ないのですが、左の肛門腺の外側のかなり奥に
2センチ大のしこりを感じる・・・。
あらためて肛門の横の皮膚を触ってみても全くわかりません。

翌日、手術でそのしこりを摘出し、病理検査で 『 肛門嚢腺癌(がん) 』 と
結果が返ってきました。しかも、リンパ管侵襲あり・・・つまりリンパ管を通じて
転移する可能性があり、というかすでにしてる可能性 大…。

すでに転移しているという仮定で(おそらくしてるはず)治療の選択としては

もう一度、手術したあたりを大きく摘出しなおす。
近くのリンパ節を摘出する。
カルボプラチン(パラプラチン)を使用する。抗がん剤、3週間に1回の注射
ピロキシカム(バキソ)を使用する。痛み止め、炎症止めの飲み薬ですが、
  がんが大きくなるスピードをゆっくりにするという効果があるようです。
トセラニブ(パラディア、パレイディア、Palladia)を使用する。
  分子標的薬という日本では発売されていない飲み薬です。
  個人輸入で手に入ります。高い…。

デイジーは上のいずれか、あるいは組み合わせで治療します。
ただ、あまり攻める気はないので、デイジーの体調と相談しながら
その都度、選択することになると思います。がんばれデイジー。

2回連続、肛門腺の話題を取り上げましたが、たかが肛門腺、されど肛門腺。
もし、肛門腺をしぼって、なにかいつも違うと感じたら、
たまには病院でしぼってみませんか?
(2012年7月23日)


第21話以降はこちら

第20話 海外移住

第19話 大型犬の食欲

第18話 また肛門腺の話

第17話 肛門腺の化膿

第16話 犬と猫の便秘

第1話 消毒液

第14話 窓の外

第13話 仔猫とハジラミ

第12話 猫とユリ

第15話 毛玉ケア

第11話 こげ茶色の耳垢

第9話 爪のけずれかた

第6話 自転車での散歩

第8話 雪の日の散歩

第7話 巻き爪

第10話 マダニ予防

第5話 脂肪腫?

第4話 てんかん

第3話 腎不全

第2話 輪ゴムに注意