今回は肛門腺の化膿の話です。

肛門腺をおうちなり、来院されるなりで定期的に絞られている方は、
たくさんおられると思います。肛門腺は、肛門を時計の中心にたとえると、
4時と8時の方向に1個ずつ、計2個あります。
肛門腺の中にはとても臭いにおいのする液体が入っています。
その臭いにおいの液体がたまりすぎると、お尻を地面やじゅうたんに
こすり付けるようになります。中年齢になると、液体がペースト状や
粘土のようになり、肛門腺のなかみを簡単に出せなくなると、
肛門腺が破裂し、その上の皮膚までくさり、
筋肉が丸見えになる場合があります。
なので犬も 「 猫 も」、定期的に絞ってあげることをおすすめします。
定期的と記載しましたが、どれくらいの間隔で絞ってあげればいいかは、
犬、猫によりさまざまなので、たまり具合で判断しています。
一生絞らなくても全く問題ない犬、猫もいますが、
最低でも2ヶ月に1回ぐらい絞らないと肛門腺がパンパンになり、
すぐ破裂する犬、猫もいます。

ところでここからが本題ですが、肛門腺を絞ったとき、そのなかみの液体は、
何色をしていますか? 黒、灰色、黄色、茶色など、いろんな色があります。
問題なのは、クリーム色や少し緑色の時もありますが、
あきらかに膿(うみ)が出ているときです。
肛門腺のなかみはすごく臭いのですが、なかには肛門腺のくささに、
化膿のにおいが混じることがあります。肛門腺が化膿すると、
肛門腺のなかみがたまりやすくなり、肛門腺を絞って1ヶ月もしない間に
パンパンになることがあります。抗生剤の飲み薬を飲んでも、
肛門腺のなかにまでなかなか抗生剤が届かないのか、
化膿はよくならないことが多いです。
そうなると、来院していただき、肛門腺のなかを洗浄するのが
いいかと思います。専用の直径が1mmあるかないかの くだ を、
肛門の横にある肛門腺の出口に挿入し、
(肛門の左右をよく見ると点のように見えるくぼみがありますが、
それが肛門腺の出口です)肛門腺の中を洗浄することを2、3回すると、
化膿が治ることがほとんどです。
化膿が混じったすごく臭いにおいがかなり落ち着いたり、
肛門腺がパンパンになるとお尻をずっと気にしていたのが、なくなったり、
肛門腺のなかみがたまる速度がかなりゆっくりになったりします。

当院で肛門腺絞りをされている方は、絞ったときに化膿していれば、
肛門腺の中を洗浄する話をしていますが、特におうちで肛門腺を
絞られている方で、化膿のにおいがしたり、
化膿している時のクリーム色だったり、すぐ肛門腺がたまるときは、
一度受診されてみてはいかがでしょうか?
(2012年5月15日)

第21話以降はこちら

第20話 海外移住

第19話 大型犬の食欲

第18話 また肛門腺の話

第17話 肛門腺の化膿

第16話 犬と猫の便秘

第1話 消毒液

第14話 窓の外

第13話 仔猫とハジラミ

第12話 猫とユリ

第15話 毛玉ケア

第11話 こげ茶色の耳垢

第9話 爪のけずれかた

第6話 自転車での散歩

第8話 雪の日の散歩

第7話 巻き爪

第10話 マダニ予防

第5話 脂肪腫?

第4話 てんかん

第3話 腎不全

第2話 輪ゴムに注意